ブログトップ

JACKIE CHAN Style "Garden"

jcstyle.exblog.jp

<   2004年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

続ファーストミッション 英語字幕 JC作品権利 東映版DVD化

当時ファーストミッションが製作される際、松竹で宣伝等を行っていたFREEMAN(筒井さん)さんによるBBS書き込みです。


ちなみに、日本人の取材が行った時だけ、アクション監督として顔を出していたユン・
ピョウは、駐車場のシーンでワンカットだけJCのスタンドインをしてます。知ってまし
た?日本版のビデオを止めてよく観るとわかります。ヒントは足技ですね。
当時はあの3人しか名前を知らないので、現場行っても全然気にしてませんでしたが、
今、出てる顔ぶれみると、もうすごいとしかいいようのないほど、アクションがらみ
の連中が出てます。個人的にはあの時、知ってたらなあというのが本音です。
そうそう、王羽が言ってましたが、火星(マース)の芸名の由来ですが、これはどんな高いところから飛び降りたりしても、また、どんな危険なアクションも平気でこなしていたから、「こいつ、宇宙人みたいな奴」ということで付いたと言ってましたね。

それから、ショウブラの英語字幕の件ですが、日本ではつけることができません。これ
は日本の発売は日本のみの権利でしかなく、もし英語をつけると世界に流通してしまう
からです。たとえばの例ですが、ワーナーのJCものがいくつも言語が入っているのは、アメリカで権利を持っている地域をまとめてコピーして流通させているので、ああいう風になってます。

それからJCの権利ですが、おおざっぱに言うと、GH、シネマシティ、D&Bと80年代に作られたこれらの会社の作品は、サテライトチャンネルのスターTVに買収され、一時期、日本にもチャンネルがあったので、字幕入で放送されました。そのビデオの権利は
メディアアジアが窓口となって販売され、日本でもパイオニアLDCやスパイクからDVDが発売されていました。90年代中頃のJC作品はGHが所有してましたが、ワーナーに売却しました、というのが正しいですね。なお、メディアアジアの権利販売は、現在
はスターTVに権利が戻っています。そして新たにマスタリングしてDVD販売が始まり
ましたが、これはイギリスで出たDVDのマスタリングを使って日本とかにも販売の話
がきました。この話はおととしの11月にマーケットで話が出てましたが、その後、
パイオニアLDC改め、ジェネオンが手をあげたかどうかは、今のところわかりません。
しかし、「男たちの挽歌」シリーズをニューマスタリングといっているのは、スター
TVから買ったものなのかなと思っておりますが、実際にはわかりません。
なお、ロー・ウェイの古いジャッキーものがブロードウェイから出てますが、この権
利を持っている日本の会社は半永久権で持っていると聞いているのですが、これは眉
つばものです。ちなみにそこがどこか海外で作ったマスターで再発するなんて、いっ
さい考えていません。ちなみに70年代のインディペンデント作品の権利なんて、いい
加減なもので、本筋はどこかわからないものがあったりします。それと権利を買って
どこかいいマスタリングのものがあった場合、リーズナブルな値段でいってくれれば
いいのですが、ばか高いことを言われたら断念せざるおえないのがメーカーさんの
立場です。ただ、その場合に契約段階で権利もとと話し合いになっていることが最近増えてます。

それから、東映公開版を望まれているファンが多いのですが、たぶん、東映にはもう
フイルム等々、現存していないはずです。これは契約で権利が切れたら破棄するのが
常識になってます。それとテレビ吹き替え版ですが、80年代までの放送作品のほと
んどは、1インチ、4ぶんの3といわれたマスターテープで作っていたのですが、今
はBカム、DBカムになったために、テレビ権利が延長されていなければ、その時代に
作られたものは残ってません。「片腕カンフー」も松竹に吹き替え版のことを聞いたのですが、もう残っていないということで、市販のビデオを音声マスターにしたぐらいです。いま、仕事のおつきあいしているキングレコードは、最近、洋画は吹き替え版探していれているのですが、やはり古いものは苦労しているようですよ。
[PR]
by jcstyle | 2004-04-10 13:27 | Heart of Dragon

ファーストミッション

当時ファーストミッションが製作される際、松竹で宣伝等を行っていたFREEMAN(筒井さん)さんによるBBS書き込みです。

”僕は映画業界に入って最初にてがけた香港映画が「ファ-スト・ミッション」でした。
この映画は、実は日本のお金で作られたようなものでした。(いつか裏話は本にしたいと思いますが)なので、日本公開版は香港とは違ってます。なにせ王羽がプロデューサーでしたから・・・と書くとだいたいわかるでしよう。なので、撮影されたフイルムのラッシュもさんざんみました。製作と同時並行で宣伝していたので、本編に使われていな
いシーンが日本の予告編に使われていたりしたわけです。ちなみにエンドクレジットに流れていたNGシーンも日本使用ですし、当時、フイルムイベントとかで、特別にジャッキーが挨拶した映像とかもあったのですが・・・あれ、どこにいったんだろうなあ。

駐車場のアクションシーンは、あまりにも香港の情報が入ってこないので、とにかく
取材陣を連れて行こうということになってそのときに行われたのが、あのシーンでした。
たしか3月だったのですが、その時点ではまだエミリー・チュウの出演は決まってませんでした。彼女が撮影に参加したのは7月だったと思います。それと病院のアクション
シーンの撮影の時も取材陣を連れていったときに撮られたものでした。”
[PR]
by jcstyle | 2004-04-08 14:15 | Heart of Dragon

シネスコ版DVD 飛龍神拳 発売!Finally!Magnificent Bodyguards DVD



ドイツのHKLファンサイトを運営している人に聞いたんですけどこのMASTER of DEATHはなんと飛龍神拳だそうです!初のシネスコ!!やっほぉ!広東語収録でござる!ただ英語字幕がないのと本当にアナモ収録なのか疑問です。アナモじゃなくても買いですけどね。7月26日発売。

先日SPLENDID社に問い合わせてみたのですがその返事がきました。残念ながらアナモ収録ではないそうです。すべてレターボックスでの発売だそうで。以前はアナモで作品を発売していたのに今回からレターボックスって・・・
とりあえずヤンボデだけは買いですね。

http://www.splendid-entertainment.de/jackie.php
[PR]
by jcstyle | 2004-04-07 19:36 | M Bodyguards