ブログトップ

JACKIE CHAN Style "Garden"

jcstyle.exblog.jp

【A計劃 サモインタビュー】

2005年10月30日追記 【A計劃 サモインタビュー】”ジャッキーは監督をやりたくなかった”スレッドより抜粋

LONELY PLAYERさんより寄せられた情報。海外サイトに掲載されていたサモハンのA計劃に関するインタビュー。(訳はMarkさん)

最初には台湾から来た監督(丁善璽)がいて、ジャッキーは監督を担当せずにただ俳優に徹することを望んでいたんだ。彼は私に監督の撮影を助けるように求めてきたんだ。その時には私はただ俳優として参加していたんだ。私は監督のすべての撮影におけるセットアップすることを助けようとしたんだが、その監督はいつも「そうじゃないんだ、こうなんだよ。」と言ってきた。そして私は「分りました。」(サモは何かよくないことを知ってか、不満そうな顔つきを示した)と答えていたよ。ただ私は彼の補助を担ってただけなんだ。そして私はジャッキーに話すと、ジャッキーは「僕は監督をするつもりはないよ。彼が監督なんだ。僕は彼の言うことを尊重しないといけないんだ。」と述べていたんだ。 そしてその後ジャッキーは監督を担当することになり、私に声を掛けてきて、「大哥、助けて欲しい。作品の後半のシーンを監督して欲しいんだ。」と言ってきたんだ。それは作品のストーリー的に繋がりのないシーンだったからね。そして彼らは400万ドルかけて海賊船を作ろうとしていたが、私はその400万ドルを他のことに使い、ストーリーを変更するように言ったんだ。そして私はその作品の後半を助けることになった。私とジャッキーはいわゆる兄弟だからね。彼が言うことにはなんでも私は了解していたよ。彼が伝えてきたことには私はその通りに従った。私は自転車のシーンの後を監督したよ。私が監督した冒頭のマージャンのシーンを除いたそれまでのシーンをジャッキーが監督したんだ。



Markさんの書き込み↓

といった感じでしょうか。驚きの内容ですね。kingkingさんが要約された内容には間違いはないと思いますが、自転車のシーンがこのインタビューで言われてる前半、後半のどちらに含まれるかはっきりとは断言出来かねますね。文面通りですと、自転車シーンはジャッキーが担当した前半に含まれると思うのですが...。

Fakeさんの書き込み↓

ずっと疑問に思っていたんですが何故、丁善璽が参加していたのか?ということです。ジャッキーとは直接の接点はなかったのに。  丁善璽といえば思い出すのはジミー王羽。ジミーがショウブラの裁判で台湾に逃げていた時、ジミーを台湾で売り出したのは丁善璽でした。  もしかしてこの映画も当初は・・・?!
[PR]
by jcstyle | 2008-11-13 13:04 | Project A
<< 真善美 1978年6月号  「... 拳精 35mm 予告編フィルム >>