ブログトップ

JACKIE CHAN Style "Garden"

jcstyle.exblog.jp

醒拳と酔拳

(2582) 醒拳と酔拳 Name:救成主 2004/06/22(Tue) 23:39 /HP/MAIL
kingkingさん、以下が、「醒拳」が「酔拳」と同時進行の根拠などいろいろです。

さて、「醒拳」の寺院での賭け事のシーンですが、この時のジャッキーの顔の右目下には、すり傷のような痕があります。同じ箇所に「龍拳」でもあったことから、このシーンは「龍拳」の時に撮影されたのかと研究をすすめていましたが、どうもこの時「龍拳」のジャッキーは目が腫れぼったい所から、イマイチ一致しない感じでした。その後、fakeさんの日記に書かれていた整形との関係に僕は納得していますので、「龍拳」と「醒拳」のラインは消えたのですが、なんと!なんと!新たに「酔拳」のラストのジャッキーの顔!右目下には「醒拳」と同じ傷痕があるじゃありませんかっ!!ということで「酔拳」撮影の合間に「醒拳」の一部は撮影されていたんではないのか?というのが僕の新たな推測です!











ここからは僕の妄想劇場の始まりです(笑)
シーゾナル・フィルムズへ貸し出され「蛇拳」を撮ったというジャッキーですが、一部は袁家班がジャッキーのダブルをしていますよね。その時のジャッキーの心中たるやいかがなものかと?当然、ジャッキーは自分自身でできることばかりでしょうから。映画上、効果的に魅せるためなのか、その袁家班のシステムというかやり方に、ジャッキーのプライドは…?その後、第2弾となる「酔拳」もやはり一部は袁家班がジャッキーダブルを演じています。多分、どれもジャッキー本人は難なくこなせるものばかりを。これは後の「A計劃」などのダブルとは完全に意味合いは違っていると思います。実は、この時の袁家班に対してのフラストレーションが、その後の作品、あるいは自身の武術指導の作品で爆発しているように思ってしまいます。「蛇拳」「酔拳」とヒットしたから良かったようなものの、これがヒットしていなかったらどうだったのでしょうか?

ジャッキー自身、若さも手伝って自分の実力には絶対的な自信があっただろうと思います。羅維に対しての感情や、二人の確執についてはよくわかりませんが、一番の根本には、自分には実力があるのにスターに出来なかった羅維を(未だに)許せないんじゃないのかな?と思います。(また、B・リーの存在のプレッシャーなども大いにあっただろうと…)

なんか話がそれてしまってますが、実は、シーゾナル・フィルムズへ貸し出し中も、顔にある同じ傷痕からだけの推測ですが、羅維影業でも「酔拳」の撮影の合間に同時に進行していたプロジェクトがあったのではないかと思うのです。なんかそれ位のハードスケジュールは当たり前だったのではないのかと思うんです…。袁家班の中では肩身の狭い思いをしていたけど、羅維プロでは、謝銘文、彭賢章、王耀<女亘>、趙魯江という”成家班”のため、自分の好きなようにできるわけですよね。僕はそんな思い込みが強いせいか「醒拳」の寺院でのシーンは、「酔拳」の前半のコミカルさを早々と導入しているように思います。

ところで、何故、「醒拳」での、その寺院のシーンや、そこと繋がりが深そうな田俊さんとのシーンなどが完成しなかったのか?は、香港映画界ではよくあると聞く、どこかに情報が漏れ、先に作られてしまったためという推測はどうでしょう?そのため、寺院での3人は、のちの「笑拳」では更に濃いキャラにパワーアップして、チビ&デブ&ハゲとなったんではないのかなと思いました。

それとフィルモグラフィーに関係してくると思っていますが、武術指導というか、謝銘文、彭賢章、王耀<女亘>とこの3人の出会いから起用、その後のジャッキーと3人の活躍は袁家班の影響のような気がしています。そしてジャッキー自身が主演にも関わらず、他の出演者のダブルもやるようになったこと、敵役の人にも本人でなくダブルが登場するなどは袁家班との仕事の時のフラストレーションの爆発、…いや、学んだことではなかろうかと(笑)。。

結局、上の3人とは、ジャッキーがゴールデンハーベスト移籍時に、別れざるをえなくなったんではないかと思いました。その後、ほとぼりが冷めたのか、また「龍少爺」で再び…。

ちなみに、「醒拳」の中の他のジャッキー登場シーンについては??でございます。

--------------------------------------------------------------------------------
(2583) RE: 醒拳と酔拳 Name:kingking 2004/06/23(Wed) 00:20 /HP/MAIL
救世主さん やばいかも。これ、凄いかも。髪型も凄く近いっすよ!(ちなみにこのときの髪型あまり好きじゃないんですよねぇ)なんかI'M JCを基本として考えると凄く混乱しますよ。この写真見る限りだと同時撮影の可能性が凄く高いと思うんですが、あの本の供述とは一致しないですよね。う~んこまった!(笑)

>なんかそれ位のハードスケジュールは当たり前だったのではないのかと思うんです…。

そうっすね。他の作品でも同時進行していると思うんですよ。それをロケ地なども含めて検証してみたかったんですけどね。

>「酔拳」の前半のコミカルさを早々と導入しているように思います。

僕はこのシーンの演技を見て思ったのが笑拳っぽいなぁ、です。でも酔拳っぽいっていうのもありですもんね。

>ところで、何故、「醒拳」での、その寺院のシーンや、そこと繋がりが深そうな田俊さんとのシーンなどが完成しなかったのか?

もうここからは推測でしかないけど可能性がないとは言えないですよね。

しかしこの傷と髪型は衝撃的な発見ですね!凄いっす! あ~~なんかもう混乱してきましたよ(^^
[PR]
by jcstyle | 2004-06-24 01:26 | Drunken Master
<< 『成龍拳』公開延期の謎 1977~9年フィルモグラフィー >>